2017年2月3日
【商品情報】 新発売 480円で鹿児島県にて自社栽培・自社製粉の「鹿屋在来種」 純国産十割蕎麦の販売開始!~十割蕎麦製麺所 名代 天晴酒場~
当社、株式会社天晴(東京都中野区)が運営する「十割蕎麦製麺所 名代 天晴酒場」では、全国の希少価値の高い在来種を維持・拡大すべく現在、鹿児島県及び福島県にて自社栽培(他、滋賀県の提携農家)を行っており、その収穫した玄そばを、名代 天晴酒場店内にある石臼で毎日、製粉・製麺し新鮮な蕎麦をご提供させて頂いております。

本日より自社栽培・自社製粉の「鹿児島県産 鹿屋在来種」の提供を開始致しました。詳細につきましては、以下のブランドサイトをご参照下さい。

商品名:純国産十割蕎麦 鹿屋在来種もり蕎麦
    つけ汁・純ごま・北海道産たこ飯付
価格:普通480円、大盛 680円(消費税別)

[鹿児島の蕎麦は、お婆ちゃんのかけ蕎麦]
鹿児島の蕎麦の歴史は島津藩の時代に遡ります。火山灰の影響や、土地が狭いので、島津藩は蕎麦とサツマイモの栽培を推奨しました。また土地の性質上で小麦が生産されません。そこでお婆ちゃんがそば粉十割に、自然薯をつなぎにして蕎麦を作り家庭で振る舞っていました。

[鹿屋在来種-特徴]
大隅半島を中心に栽培されており、在来種の中では収穫量が多い が背丈が高いため、台風の季節には絶滅する可能性がある。香りと甘みがしっかりしており、味わいはナッツの様な感じです。

 
十割蕎麦製麺所 名代 天晴酒場 ブランドホームページ